くまもと9条の会のホームページへようこそ  
             

<ご案内>

くまもと九条の会の皆さま

近隣の「九条の会」の皆さま

 

 連日の猛暑、熱中症への危機の中、如何お過ごしでしょうか、

お見舞い申し上げます。 

さて、むさし九条の会では13周年を迎えていますが、別紙の通り

「戦時・戦後を語り継ぐ会」を企画しました。

合志市の古沢さんにお願いしまして、むさしの桑原さんと一緒に

戦時中の学校生活、小国民の社会生活そして敗戦を迎え。

 ソ連の宣戦布告で逃げ惑う生活、引揚の苦労の体験を話して頂

くことに致しました。

時間の取れる方ぜひご参加下さい、ご案内します。

 

       「むさし九条の会」 原 勢津郎

 

1. 日 時 8月25日(土) 14時~16時

2. 語り部

    合志市在住  古沢佳美さん

    むさし9条の会 桑原安男さん

. 場 所 武蔵ヶ丘 武蔵ヶ丘地域コミニュティセンター

 

 

 

 

 

 

各地で憲法カフェをやってます。
 過去のおしらせ 憲法カフェinたくま 連続三回講座のお知らせ(←クリック)
                 
<過去のニュース>くまもと九条の会12周年
  
9条を守る結び目になろう”(概要)
益城町で、くまもと九条の会12周年記念講演会



くまもと九条の会12周年記念行事は、12月3日、熊本地震の震源地となった益城町で開催されました。安倍政権が地震直後に「緊急事態条項」を持ち出したこともあり、被災者に連帯し、被災地で戦争法と緊急事態条項を考えようと企画されたものでした。
要所要所には益城町九条の会のメンバーが道案内に立ちました。会場となった益城町文化会館ホールには、県内外から200人が集まりました。
三澤純くまもと九条の会事務局長の司会で始まり、猪飼隆明くまもと九条の会代表世話人は、7月に行なわれた参院選での市民と野党の統一候補擁立にふれ、12周年を機に更に創意工夫をしていこうと開会あいさつを行いました。
記念講演は、東京慈恵会医科大学教授で憲法学者の小沢隆一氏が「戦争法発動・九条改憲阻止と私たちの課題~緊急事態条項にも触れて~」と題して行ないました。①現局面をどう見るか ②憲法9条の意義 ③戦争法の概要と問題点 ④自民党の「日本国憲法草案」の逐条批判~日本国憲法と対比して ⑤補論・緊急事態条項の危険性について⑥戦争法を廃止して立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻す、についてレジュメに基づいて丁寧に解説を行ないました。その中で、小沢氏は、第189国会の「平和安全法制に関する特別委員会公聴会」に自らが公述人として参加し発言した内容・憲法九条の解釈について・法案の違憲性にも触れました。
小沢氏は、最後に、いま九条の会の頑張りどきである。そのためには ①「9条改憲反対」の一致点を何よりも大切に ②「9条を守るためにいま必要なこと」について旺盛に話し合い、交流を広げること ③9条を守る「結び目」になろう、と呼びかけました。
講演を終わって、沖縄から参加した琉球大学の高良鉄美教授が特別報告を行い、辺野古基地・高江のヘリパッド建設反対運動、沖縄の野党共闘にも触れて、九条破壊を許さない連帯を訴えました。
閉会あいさつを、田尻和子代表世話人が行い、講演会終了後、希望者は、益城町九条の会のメンバーの案内で被災の現場を見て回りました。    詳細はこちら

<写真 中段は司会をする三澤純事務局長、下段は特別報告をする琉球大学の高良鉄美教授>

写真)憲法9条を守るために熊本でも多彩な行事が日々行われています。

     提案:毎月3日は行動しよう  

      過去の取り組み報告  2011年11月3日ライブステージ(動画)  
         
         くまもと九条の会ブログ


これからページを充実させていきます。ご協力よろしくお願いします。